知らないと損する結婚トリビア

結婚式のウエルカムボードを工夫して個性ある入口を演出しよう

結婚式場に入るとき、ぱっと目につくところに置かれているものがウエルカムボードです。新郎新婦が工夫をして制作したものなど個性的なものが多く見られます。これから始まる結婚式がどんなものか、参加者の気持ちを盛り上げてくれるものが最適ですが、そんなウエルカムボードには、どのようなものがあるでしょう。

ウエルカムボードを工夫

新郎新婦の個性を引き出すためによく使われているのが「手作りのウエルカムボード」です。式場のウエルカムボードは、式場に依頼をして作ってもらう方法と、自分で作る方法があります。式場に依頼した場合にはデザインや周囲の飾りをテンプレートに当てはめていき、後は新郎新婦の希望を言えば出来上がりますが、個性的とは言いにくい部分があります。その点、自作なら個性が出ますし、費用面でも安く抑えることができます。

 手作りのウエルカムボード

自作する場合のパーツはホームセンターや事務用品店の他、最近ではインターネット通販でも購入することが可能です。中でもよく利用されるのは、画家が使っているイーゼルで、ボードがコルク調になっているものが使いやすいでしょう。板の裏側にマグネットが入っているようなものであれば、磁石を使って飾ることもできます。全てをはじめから作るのが大変なら、ウエルカムボード専用のキットもあるので、キットに自分たちの個性を追加していくのも良い方法です。

また、自作ウエルカムボードでよく使われるのが似顔絵です。新郎新婦の似顔絵をプロに描いてもらい、その周りを飾ると個性が出ます。最近ではボードの真ん中にタブレット端末を付けて、新郎新婦の様子をデジタル映像で配信する人もいます。他には、新郎新婦からのメッセージと新郎新婦へのメッセージをボードに書いてもらい、それを披露宴中に紹介する「ゲストが参加して作るウエルカムボード」もあります。結婚式のウエルカムボードを個性的にしたいなら、全てを自分たちで作るのではなく、他のものと組み合わせることで簡単にできることを知っておくと良いです。