知らないと損する結婚トリビア

結婚式を挙げないで結婚写真で済ませるカップルが増加しつつある

従来の結婚式といえば、式場を借りてケーキカットやスピーチなど、色々な催しをするのが基本です。そして、親族を始めとして、友人や職場関係など、大勢の人を招くことが多いです。そのため、それぞれスケジュールを確認したり、招待状を用意したりする必要があります。さらに、結婚式場との打ち合わせをなんどもしなければならず、挙式本番の1年ほど前から準備を始めることもよくあります。

結婚式を挙げない

その上、結婚式は式場の利用料や参列客に振舞う豪華な料理などで、費用が大きくなりがちです。100万円を軽く超えることも珍しくはありません。その費用負担は、新しく始める結婚生活の足を引っ張りかねません。そういった大変な準備をしたり、費用を負担したりすることを避けるために、結婚式を挙げないという選択をするカップルが増加しつつあります。そして、結婚式の代わりとして、結婚写真の撮影が選ばれることが多いです。

結婚写真の撮影は、タキシードとドレス、紋付袴と白無垢といった衣装を着て、それを写真に収めるのが主な目的です。あくまでも撮影がメインなので、食事会やスピーチなど、他の要素は特にありません。そのため、全体のスケジュールがシンプルとなり、そこまで大掛かりな準備を必要としません。決めなければならない内容も、使用する衣装や撮影する場所くらいです。したがって、打ち合わせの数が少なく済みます。話し合いが順調に進めば、数ヶ月前くらいに1回だけ打ち合わせをして、そのまま当日に臨むということも可能です。

結婚写真で済ませるカップル

また、結婚写真の撮影は、結婚式と比べると費用が格段に安く済みます。必要なのはスタジオの利用料や衣装のレンタル料程度なので、10万円前後に抑えることも不可能ではないでしょう。そして、結婚式を挙げる人には、衣装が魅力であることが理由となっている場合も多いはずです。特にウェディングドレスに憧れている女性は少なくないでしょう。結婚写真の撮影であれば、結婚式と同様の衣装を着るという希望を叶えながら、結婚式にありがちな負担を減らすことができます。