知らないと損する結婚トリビア

友達に感動される結婚式のメッセージカードの書き方について

結婚式を迎える友達へ送るメッセージカードは書き方に迷ってしまうものです。しかし、せっかく贈るならやはり相手が感動してくれるような内容でお祝いの気持ちを伝えたいと考えている人も多いでしょう。メッセージカードの書き方は新郎新婦いずれか、またはどちらとも友達かによっても内容が変わってきます。もし新郎の友達としてメッセージカードを書く場合は、新郎の長所を前面に出したメッセージカードにすると良いでしょう。気心しれた間柄であればユーモアを交えてコミカルな内容にしても喜ばれます。

新婦の友達としてメッセージカードを書く場合は、新婦の長所はもちろんですが、本人との良い思い出やエピソードなどを交えた内容にするのがおすすめです。もちろん長めの内容にならないように、簡潔にまとめるようにして下さい。新郎と新婦の共通の友達としてメッセージカードを書く場合は、友達の視点で見たカップルとしての2人の良さを率直に伝える内容にすると相手にも気持が伝わるでしょう。また、2人との大切な思い出やエピソードがあればこれもメッセージに加えてあげましょう。

友達

結婚式は新郎と新婦にとって一生に一度の大切なイベントです。2人の門出を心からお祝いするための優しい言葉を使うよう心がけましょう。行き過ぎたユーモアや長々とした文章は相手に不快な印象を与えたり、読みづらくなったりしてしまうため避けることが大切です。2人の大切な結婚式を彩るような素敵なメッセージカードを贈りましょう。